ふるさと納税に申し込む

お茶といえば静岡 そのルーツは島田の地にありました。 お茶といえば静岡 そのルーツは島田の地にありました。

お茶といえば静岡、
その静岡茶の歴史は島田の地から始まりました。

静岡県島田市の中央を流れる大井川流域の茶業の歴史は古く、その始まりは、江戸時代初期に残る川根・伊久身地区の記録に見ることができます。記録によると江戸時代初期にはお茶を年貢代わりに納めていることがわかっています。
江戸時代全般を通して島田地域では、茶生産技術の改良や改善に取り組み、茶業の基盤を作りました。

お茶といえば静岡、その静岡茶の歴史は島田の地から始まりました。
島田茶の歴史
島田市北部の山間の中の小さな、伊久美村。熱血青年茶師と呼ばれた「坂本藤吉」がこの地で静岡茶の発展の祖となりました。

島田市北部の山間の中の小さな、伊久美村。
熱血青年茶師と呼ばれた「坂本藤吉」がこの地で静岡茶の発展の祖となりました。

1837年、京都宇治の茶師を招いて、伊久美村の有志数十人に宇治茶の栽培、製造技術の伝習を受けさせ、宇治茶の製茶技術は近隣地区に広がり、たちまち駿遠一円に広がり目覚ましい発展をとげました。 藤吉は静岡初の宇治製法こと「蒸製法前茶法(静岡製法とも呼ばれる)」の製造を開発するも、発病により若くして急死。 その生涯はお茶に捧げた人生でした。

小さな村の熱血青年茶師によって静岡茶の歴史が始まる 小さな村の熱血青年茶師によって静岡茶の歴史が始まる
島田市北部の山間の中の小さな、伊久美村。熱血青年茶師と呼ばれた「坂本藤吉」がこの地で静岡茶の発展の祖となりました。
  • 島田茶の歴史
  • 島田茶の歴史
  • 島田茶の歴史

藤吉死去後、伊久美村では西野平四郎がその意志を受け継ぎ、宇治の茶師を招いて伝習を継続。当時から江戸茶問屋との取引をし、江戸の神田に茶の直営販売所を開くなど、販売ルートを広げていきました。

1859年に横浜が開港すると、三井物産に委託しいち早くアメリカへのお茶の輸出販売に取り組み、自ら伊久美物産会社(後の伊久美銀行・現二俣公会堂)を設立するなど幕末から明治にかけて島田の茶業の発展に尽力しました。
静岡の茶業史は、江戸時代における島田の大井川中流域の山間部を中心に発展していきました。

いくみ村 齊藤安彦さん

INTERVIEW

一所懸命に働いていると、
なにより楽しい。

いくみ村 齊藤安彦さん

駿河路や花橘も茶の匂い 芭蕉が読んだのも島田宿と言われています。
島田の最北部で世界農業遺産『静岡の茶草場農法』に認定される山草を茶園に敷く伝統的な農業をしています。茶にこだわり、時代の変化に対応しつつ烏龍茶・紅茶・ハーブティー・機能性のあるお茶など製造してきました。
山間地茶業を守ることは、先祖代々の仕事であると思っています。
伊久美という土地にこだわり、真剣だけど、楽しんでいます。

熱き武士の魂が今なお生き続ける、日本一の牧之原大茶園 熱き武士の魂が今なお生き続ける、日本一の牧之原大茶園

教科書に登場するほどの茶産地「牧之原台地」。明治時代にこの日本一の大茶園開拓が始まりました。

維新によって徳川慶喜公に仕えた幕臣達は、駿府に移り刀を置くことになり、士族は「守る為、生きる為」の戦いの刀を「守る為、生きる為」に鍬に持ちかえ緑茶を育てたのです。島田市が誇る緑茶には、荒れ地で労苦にまみれながら根付かせた熱き思い「武士の魂」が込められています。

写真でつづる茶業研究センターの100年

出典元「写真でつづる茶業研究センターの100年」
静岡県農林技術研究所 茶業研究センター

大井川流域で
発展を遂げた、
島田が誇る3つのお茶。

ここ島田市には「島田茶」「金谷茶」「川根茶」と呼ばれる代表的な3つの栽培地があります。

大井川流域で発展を遂げた、島田が誇る3つのお茶。

川根

川根

大井川上流の朝霧に守られて栽培される川根地区のお茶は、滋味と甘みのバランスが良く、爽やかな香りと美しい水色が特徴です。

島田

島田

朝夕に発生する川霧が日光を遮る島田地域のお茶は、美しい水色と上品な香り・旨味が特徴です。

金谷

金谷

牧之原大茶園を有す金谷地域のお茶は、甘味、渋み、爽やかさを備えており、柔らかな舌触りがあります。

明治中期には、茶生産量全国1位に。 県内2位を誇る茶園面積。

明治中期には、
茶生産量全国1位に。
県内2位を誇る
茶園面積。

牧之原大茶園を中心に、茶の栽培が盛んにおこなわれるようになるのに伴って、製茶技術も飛躍的に向上しました。

伊久美村の活躍により静岡県の中でも蒸し製煎茶の手もみ製法がいち早く導入された島田では、さらにより良い茶づくりのための技術に磨きがかけられていきました。 当時お茶を手で揉んで仕上げる職人はお茶師と呼ばれ、彼らはその流派の看板や旗を茶部屋の軒に下げて流派の技術を誇示するとともに、お互いに手もみの技を競い合いながら技術を向上させていきました。

日本三大茶の今を支える静岡島田のお茶
明治中期には、茶生産量全国1位に。 県内2位を誇る茶園面積。

進化し続ける静岡茶。
世界農業遺産、
エコファーム「茶草場農法」

茶処静岡県内でも島田市を含む中西部に見られる農法で、茶畑の周りの草を秋に刈り取り、乾燥させて細かく砕いて畑に撒いて茶の木の肥料にします。現代のような有機肥料が無かった時代から茶農家が代々受け継いできた農法で、冬場の乾燥と寒さからお茶の木の根を守り、お茶の味や香りを良くすると考えられている農法です。

定期的に人間が草刈りをすることで草地が維持されるため、いろんな虫や植物の棲み処にもなり、おいしいお茶づくりを通して人間と自然が共生する、とても理想的な農業の形であることから世界農業遺産に認定されました。

進化し続ける静岡茶。世界農業遺産、エコファーム「茶草場農法」
静岡お茶の里かなや 杉山勤さん

INTERVIEW

献身的な農作業により
生物の多様性が守られる

静岡お茶の里かなや 杉山勤さん

茶草場農法とは秋から冬にかけて茶園周辺の「茶草場」(採草地)で刈り取った草を木の根元、茶園のうね間に敷く伝統農法のことです。
私達の地域では、昔から、肥料の替わりとして、茶園にススキなどの敷草を施す農法が行われておりました。この茶草によって、茶の味や香りが良くなると言われています。
また、茶草場(採草地)では、在来植物の多様性がみられ長い年月を掛けた持続的草刈り作業が生物の多様性に強く影響を及ぼしていると考えられています。
茶草場農法には、献身的な農作業により生物の多様性が守られるという重要な環境保全価値が存在します。

USE DONATIONS

ふるさと寄付金の使い道

※他にも使途の定めはありませんが、島田市のために活用してほしい場合は「自治体におまかせ」や「その他」なども選択できます。詳しくは、ふるさと寄付金の使い道と実績をご覧ください。

皆さまの御支援により、
様々な事業が行われております。

令和元年度事業への使い道

  • 住宅用省エネルギー利用設備設置促進事業(環境課)
  • 島田市社会福祉協議会補助金(福祉課)
  • こども館管理運営経費(子育て応援課)
  • 民間保育所等助成等事業(保育支援課)
  • 教育用コンピュータ整備経費(教育総務課)
  • 市民病院の整備(病院会計)
  • 2,300,000円
  • 12,200,000円
  • 20,400,000円
  • 2,400,000円
  • 6,100,000円
  • 3,419,000円
  • 住宅用省エネルギー利用設備設置促進事業(環境課)
    2,300,000円
  • 島田市社会福祉協議会補助金(福祉課)
    12,200,000円
  • こども館管理運営経費(子育て応援課)
    20,400,000円
  • 民間保育所等助成等事業(保育支援課)
    2,400,000円
  • 教育用コンピュータ整備経費(教育総務課)
    6,100,000円
  • 市民病院の整備(病院会計)
    3,419,000円

PRODUCT

歴史にまつわるお茶商品

お茶といえば静岡、静岡茶といえば島田。歴史と伝統に裏付けられた島田のお茶をお楽しみください。

【島田の逸品】”深蒸し煎茶つゆひかり”100g×3袋

10,000円以上

【島田の逸品】”深蒸し煎茶つゆひかり”100g×3袋

島田市湯日地区で育つお茶は恵まれた土壌とたくさんの日光を浴びることによってコクのあるおいしいお茶ができます。この湯日地区で摘採時期に一日だけ摘採される品種つゆひかり。 湯日のつゆひかりは鮮やかな緑色と、渋みが少なく独特の香りが特徴で品のある味わいです。 今回島田を代表す島田の逸品深蒸し茶部門で唯一認定されたお茶です。是非ご賞味ください。

【島田の逸品】世界農業遺産 静岡の茶草場農法限定茶3種

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」最高位認定を受けた島田市産のお茶3種セット。伝統的な栽培法と製造法により旨味の濃い新芽にこだわりぬいた極煎茶。石川県輪島市千枚田のお米と世界農業遺産同士の連携から生まれた玄米茶は日本茶AWARD2014の玄米茶部門で1位を受賞。燻製紅茶は国産初となる燻製した紅茶です。国際銘茶品評会2014銀賞受賞。ふじのくに新商品セレクション2014金賞受賞。

【島田の逸品】世界農業遺産 静岡の茶草場農法限定茶3種

14,000円以上

玉露・川根銘茶(150g×3セット)※さとふる

22,000円以上

玉露・川根銘茶(150g×3セット)

新芽が出る頃から茶樹に覆いをして育てられることにより、遮光栽培特有のふくよかな香りと、渋味成分のタンニンが少なくなるためまろやかな味になった「玉露」と、大井川の川霧が茶畑にかかり独特のうまみを出すなど、お茶の栽培に適した立地条件のすべてが揃っている自然環境の中で育った茶葉を、のどごしよく、まろやかな味に仕上げた「川根茶」のセットです。

PRODUCT

関連商品

豊かな自然と伝統を守る島田のこだわりは、様々な製品に広がっています。

緑茶 愛ことはじめ

10,000円以上

緑茶 愛ことはじめ

「島田市のシティープロモーション・島田市緑茶化計画」の一環として開発しましたブランド茶商品です。市と大井川農業協同組合と島田市茶業協会の島田・金谷・川根の3支部の青年部が協力し企画制作しました。「緑茶愛ことはじめ」4種のセットです。

帯シャツ

浴衣生地のシャツの下襟とポケット・背中に帯を使用した上品なご当地シャツ「帯シャツ」。こだわりの生地は着心地も抜群。男性用、女性用あり。

帯シャツ

30,000円以上

島田の地酒セット

14,000円以上

島田の地酒セット

天保三年(1832年)創業。島田で唯一の蔵元の逸品をセットにしました。大井川に架かる世界一長い木造賃取り橋『蓬莱橋』にちなんだおだやかな香りとマイルドな口当たりの「長い木の橋純米吟醸」と、しっかりとしたコクと程良いキレの「若竹鬼ころし特別純米原酒」をお楽しみ下さい。

FLOW

ふるさと納税
かんたん 3ステップ

初めての方でも簡単。ふるさと納税の基本的な流れについて3つのステップでご紹介します。

  • STEP1

    返礼品を決めて自治体に寄付を申し込む

    返礼品を決めて
    自治体に寄付を申し込む

    購入したい商品が決まったら、商品リンクのページから自治体に寄附の申込みをしてください。「寄附申込みフォーム」から直接自治体にお申込みを行っていただけます。
    クレジットカード等のお申込みも対応しているので、お申込みと同時に寄附を完了でき、さらに簡単、便利です!

  • STEP2

    お礼の返礼品を受け取る

    お礼の返礼品を受け取る

    自治体から、寄附のお礼としてお申込み時にご指定ただいた返礼品が届きます。自治体や返礼品によって発送までお時間がかかることがあるのも楽しみにお待ちください。

  • STEP3

    寄附金受領証明書を受け取って税金の控除を受ける

    寄附金受領証明書を受け取って
    税金の控除を受ける

    住民税と所得税から一定の控除を受けることができます。ふるさと納税を行った自治体から、その証明として寄附金の領収書「寄附金受領証明書」が届きます。控除を受けるには、「寄附金受領証明書」を添えて確定申告をする必要がありますので、大切に保管し、確定申告の期間内に手続きを行ってください。

ふるさと納税に
申し込む

申し込む

島田茶の歴史

ふるさと寄付金の使い道

商品紹介

ふるさと納税の流れ

歴史にまつわるお茶商品

関連商品

loading